NEWS新着情報

2017.8.16

深海に潜む出展者特集 vol.1


magnif
世界的な古書街、神田神保町に位置する古書店。20世紀初頭から現代に至るまで、海外及び日本の男性誌・女性誌を集めている。2009年のオープン以来、ファッション業界人や洒落者たちが足繁く通う店となっている。


PROSPECTIVE FLOW
幼少期から絵画に興味を持ち、本職の洋服デザイン以外にも水彩画を得意としている。今後も和と洋の融合を意識したデザインを手掛けていく。


Hande und Stitch
衣装製作・アパレルメーカーを経て、渡独。
2011年帰国後、『アニマルトロフィー』の製作を始動。2016年、“Hande und Stitch”を立ち上げる。


PFE
フォーマルでコンサバティブなイメージで使われてきた真珠を、PFEデザイナー出口崇司がアバンギャルドにデザインする。
性や世代、また今までの真珠のファッションカデコリーを超えたジュエリー。


TALPA
パリのオートクチュールメゾンでは欠かすことのできないリュネビル刺繍の技術をベースにジュエリーを製作。ユーモアがありエレガント、そしてジュエリーとしての機能美を備えたアイテムをお届け。


河本 蓮大朗
布の質感やパターン、規則的な構造に興味を持ち、染織を専攻する。
手織りによるファブリックの制作を中心に、布の新しい可能性を模索した作品を制作している。

NEWS一覧へ